上海の中華料理

上海太二で、辛酸っぱい幸せを。

『甘酸っぱい、青春の味』
え?なんで甘酸っぱいん?

私にはその味がよく分かりませんが
Mにとっての青春の味といえば!!

高校、夏の大会!(Wow!)
それに向けての日々の練習!(Yah!)
一週間毎日みっちり合宿!(HA!)

兎にも角にも 汗 汗 汗!!
全身にかぶる 砂 砂 砂!!

そう、
砂しょっぱい、青春の味』!!
ゆーても、これが現実やねんで。
みんなはよ気づきや。(誰やねん)

ごきげんよう。
Mです。

だって口あけっぱで部活してるわけちゃうのに
なんか知らんけど砂の味すんねんもん。(もうええ)

でも今回行ってきたお店は
砂しょっぱくもない。
甘酸っぱくもない。

そう・・・
辛酸っぱい』んです!!

うん、別にドヤすることでもないから
後ろにはドヤって書かへんかったけど
話しの繋げ方はええ感じやったと思うわ。ふふふ。

そういうわけでの、ドヤッ!!

では無事にドヤッたことですし
さっそくご紹介させて頂きたいと思いますー!

M
お店の情報は、一番下に載せとくでぇ~!

写真の通り、綺麗な百貨店に入りまして
上海太二のある百貨店iapm

エスカレータ―で上の階へ。
上海iapm館内エスカレーター
まあまあどこにあるか探したんですが
ブログ内ではお構いなしに到着。
上海太二店舗

時間帯的に良かったのか
席を確保することができました!
上海太二店内

というのも【太二】さん。
酸菜魚といって
酸っぱい辛い高菜の魚スープメインの
お店で普段は人がいっぱいだと聞いていたので
今日は張り切って早めに到着してみたわけです。

一番始めに着いたMのちょっとした待ち時間。
テーブルに置いてあるPOPを見ると
食べる順番のオススメが書いてありました。
上海太二pop

ありがとう!そして私は自由に食べます!!

テーブルには横に引き出しがついていて
中にはティッシュやマスク入れの袋などが。
上海太二引き出し

あ。ティッシュ可愛いしもーらいっ。
上海太二ティッシュ

しばらくして待ち人が一人到着。
あ、私の上司なんですけどね。(笑)

もう一人到着するまでの間に
ビールやらつまみ系を頼んでくださり。
てかまさかのお酒がビールしかなったという。(笑)
これは大事件です!!(うるさい)
上海太二ビール


上司オススメのたまご、ナニコレ美味すぎ
永遠に食える説。
上海太二味付け鶉卵

唐揚げ?炒め物?は
中国料理って感じで、美味しかった。
えっ!適当じゃないで!!感想!
上海太二鶏肉炒め物

めっちゃ使ってからで今更やけど
カップ可愛くね?
上海太二カップ

全員が到着してメインの
酸っぱい辛い魚スープ
略して
『酸菜魚』と私が期待に胸膨らませて来た
鶏肉のなんか辛そうなやつを注文!
上海太二酸菜魚スープ

上海太二鶏肉

どっちも美味しい!!
高菜自体が大好きなんで
ぶっちゃけ夜食べに来るって分かってたのに
昼ごはんに酸菜スープのやつ食べたし。(えへへ)
このスープには春雨が潜んでいました!うまし!

ある程度まで落ち着いたんで
一人外に出て一服をしに。
おおう。雨が止んでていい感じ!
上海iapmテラス

上海iapmテラス夜景

席に戻るとデザートに揚げきな粉餅が。
中は日本のお餅みたいにもっちりしてました。
上海太二揚げきなこもち

お茶を入れに行くと言うので
私もついていくことに。
へー 白いのもあるんや。
上海太二カップ陳列

お茶っぱみたいなのと
果物の皮みたいなのを撮影。
上海太二お茶っぱ

どれくらい入れるはるんやろう~と見てたら
え?!これだけ?!
上海太二カップに入れたちゃっぱ

えっ?!ホンマにそれだけ?!
上海太二カップにお湯入れる

Kさん、それはどう見ても絶対薄いです!!!(うるさい)

実はKさん。このお店に向かってる途中で
シャンパンを買ってきてくれてはったんです!
ありがとうございます!!

えー。
普通~~に飲んでしまってたので
普通~~に写真撮るの忘れました!!(痛恨)

次は必ず撮るので
またシャンパンお願いします!!←

今日も良い一日の終わりでした。
ご馳走様でした!

それでは!

M
上海太二』さんの情報やでー!
住所は、淮海中路999号环贸広場IAPM5階
最寄り駅は、地下鉄1/10/12号線陕西南路駅
※駅直結出口有り。

是非行ってみてやぁー!

よかったらポチッとしてってください。おおきに♡
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
M

M

上海生活もあっという間に7年が過ぎました! 上海料理はもちろん、中国各地の中華料理から日本料理の美味しい処と観光地を、☆贅沢盛☆で紹介しちゃいまーす!

-上海の中華料理

© 2020 ✿スタッフMの上海旅ブログ✿ Powered by AFFINGER5