上海のローカルフード

上海でおすすめの雲南過橋米線を食べよう!

ニーハオ!

ごりへい
ごりへいです!

 

今回は、私の行きつけの雲南過橋米線のお店を紹介します。

雲南過橋米線は中国語で「云南过桥米线」と書きます。

名前の通り雲南発祥の料理で、ある故事からこの名前がつきました。

少し長いですがWikiから引用。

「雲南省南部蒙自県の南湖にある小さな島は、科挙の試験を受ける書生が集中して勉強をするには適した場所で、ある書生がこの小島で科挙に備えて勉強に取り組んでいた。書生の妻は食事を作って運ぶのだが、夫はすぐに食べないのでいつも冷めてしまう。ある時、鶏を土鍋で煮込み夫の元へ届けたところ鶏油が浮いていて、長い時間が経過しても料理は熱さを保っていた。そこで米線を入れたところ、夫はとても美味しいと喜んで食した。夫が喜んだので、妻は度々この料理を作り、小島への橋を渡って夫の元へ運んでいた。後に夫は科挙に合格し、妻が届けた米線のおかげで合格できたと語られるようになった。」ウィキペディア(Wikipedia)

 

科挙というのがなんとも中国らしいエピソードですね~!

 

さておすすめのお店はこちら。

雲南過橋米線①

 

狭い入口にガラス窓なのに店内が見えにくいこの感じ!

ワクワクしますよね~(笑

 

雲南過橋米線②

店内にはかわいいイラストが貼ってあり、布かけが少数民族風だったりと色々素敵なのです。

 

雲南過橋米線③

メニューはこんな感じ。

肝心の米線の個所が反射してしまいましたが、まずは「招牌过桥米线」を頼むのがおすすめ!

お店に入るとレジがあるので、レジで注文してから席につきます。

 

待つこと数分…

 

雲南過橋米線➃

 

きました!

過橋米線は具材とスープ、米線(麵)が別々で出てくるんです。

まずは米線を投入して、具材を次々に放り込んでいきます。

この手間がいいんですよね~!

 

雲南過橋米線⑤

 

具材には魚の切り身や、ハムなどがありますが、スープがアッツアツなので放り込んだらすぐに色が変わり食べれます。

鶏ガラのスープは見た目からは想像できないほど濃厚

中国のスープってコクがない残念なときもあるんですが、このお店はバッチリです!

米線は啜ると、何とも言えないツルツル感が最高です。

のど越し良すぎて噛む前にのどの奥に体当たりしてきます(笑

 

会社の近くにあるんですが、ロックダウン解除&店内食解禁になって私も昨日やっといけました。

 


中国でTwitterを見るにはVPNが必要。海外在住日本人に必須のVPNサービス【スイカVPN】

 

いつも大人気なので昼のお時間からちょっとずらしていくのがおすすめ。

夜はキノコ鍋もやってるとのことなので今度チャレンジしてみます!

 

上海のおすすめ過橋米線「劉和園雲南過橋米線」はここ!

雲南過橋米線①

 

店名&住所

店名: 劉和園雲南過橋米線(刘和园云南过桥米线)

住所: 宣化路61号

行き方:地下鉄2号線・11号線「江蘇路駅」から徒歩610ⅿ

 

みなさんも是非行ってみてください~!

 

この記事は以上です。

下次見!

 

▼▼▼▼▼▼

上海の観光地、グルメ、おすすめスポット情報満載のブログを開設!

アフターコロナの上海旅行ガイドの決定版です。

 

 

『ブログ村』サイトのランキングに参加してます!

クリックするとランキングが上がります!

ランキングが上がることでこのブログとお店の宣伝に繋がります!

皆さんの1ポチ、よろしくお願いしますー!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
クリック、 ありがとう ございます!-1

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ごりへい

上海在住20年超え。旅行会社経営。上海人の嫁さんと現地校に通う子供二人とのんびり暮らしてます。上海の日常、グルメ、旅行情報などの現地情報を発信。嫁さんの愚痴もたまに飛び出します(笑)

-上海のローカルフード

© 2022 ✿スタッフMの上海旅ブログ✿ Powered by AFFINGER5