上海の観光

南京路歩行街を覗いてみた。

在って当たり前だと思ってしまうことは
人にしても、物にしても、
景色にしても、何でもそう。
こに在るのが普通の中で毎日を送っていて
それがひょんとした時に無くなっていたら、
「あれ?ここ何があったっけ?」
ってなる。

毎日ここを通っていたはずなのに、
その一角が無くなっても思い出せないとき。
ちょっと悲しいというか空しいというか
そんな気分になる私。

ごきげんよう。
Mです。

今年に入って
上海がコロナの影響を
ガッツリと受けている期間
観光地はおろか、一般道路・街中さえ
ほとんど人が歩いてなかったといいます。
私はタイミング的に日本に居まして、
上海に帰ってきた頃には
少しばかり人は歩いていましたが、
あの街中の光景はもはや
ゴーストタウンに近かったと
私の知り合いは話していました。

今日ご紹介する南京路街。
上海の観光地スポットでは必ず挙がってくる場所。
そして一番、人が集中しているのではないかと思われる場所。
ここもまた、
ゴーストタウン並みであったといわれています。

て。現在はどんな風になっているのでしょうか。
撮影をしてきましたので、
写真を通して一緒に巡ってみましょう!

地下鉄2号線南京東路駅、
2番出口へ向かいます。

出口から出ると正面には
新世界大丸百貨店がドーン!と姿を現します。

そちら方向へは渡らず、
正面にしてそのまま右へ。
すぐそばに南京路街のスタートラインが待っています。
ここからずーっと一本道が続きます。
それでは行ってみましょう!

船のチケットなど購入できる
みたいです。

お客さんいますねー。

去年までに比べると
人の量が半分ほどの様ですが
ゴーストタウン(みたい)に比べると
賑やかになっているのではないかと。

携帯ブランドのビルですね。
こちらもいくつかありました。

お土産屋さんもいくつかあります。
観光客でなくても、ここでしか買えない物もあって
わざわざ地元の人も買いに来るんだとか。

金の販売店。

子供服などが売っているお店。

実は完全なる歩行者天国ではないんだと
改めて気づかされるこの横断歩道。
携帯を見ながら歩いていると危ないです。

こうやって、

お子さんはちゃんと
手をつなぎましょうね。

どこも独特の看板がついていて、
ビルのデザインも独特。

小さい路地はしっかりローカル街

なにかイベントをしているみたいです。

可愛らしいですね。
レゴもあります。

そろそろ出口にやってきました。

お疲れ様でしたー!

いかがでしたか?

人は以前に比べてやはり私的には少ないです。
少なかったこともあって
色んな所が自由に撮れたんでしょうが‥()

では最後に、
らほら写真に写っていた
観光列車(モーター)をまとめて
〆たいと思います!

それでは皆様、また明日!

【南京路歩行街を覗いてみた。】より.
M.

よかったらポチッとしてってください。おおきに♡
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
中国ランキング

旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
M

M

上海生活もあっという間に7年が過ぎました! 上海料理はもちろん、中国各地の中華料理から日本料理の美味しい処と観光地を、☆贅沢盛☆で紹介しちゃいまーす!

-上海の観光

© 2020 ✿スタッフMの上海旅ブログ✿ Powered by AFFINGER5