上海の中華料理

上海にある紹興料理のお店『孔乙己酒家』

 

花猫(はなねこ)
こんにちは! 花猫です

 

スコールみたいな急な雨が降った週末のお昼に

写真映えするお店に行ってきましたのでお見せしますね。

 

 

魯迅の小説を舞台にした紹興料理のお店『孔乙己酒家』

 

孔乙己』(こういっき、コンイーチー)は、

中国の作家、魯迅(ろじん)によって1919年に雑誌『新青年』に発表された短編小説のタイトルおよび主人公の名前。

 

日本に留学をしていたこともある中国の作家、

魯迅にちなんだお店の名前なんですね。

 

 

孔乙己1

 

この店舗は新しいお店。

おかみさんに聞くと2021年にオープンしたばかりだそう。

 

 

孔乙己2

 

店頭で孔乙己さんがお出迎え

 

孔乙己3

 

お店は長方形のつくり

雨が降ったせいもあるのか11時半ころに着くとお客さんはまばらです。

 

孔乙己4

孔乙己5

孔乙己14

孔乙己15

 

すごく写真映えする店内、中国っぽい雰囲気満載です。

12時過ぎにはほぼ満席になってました。

 

孔乙己16

 

お料理のメニュー

 

孔乙己6

 

お酒のメニュー

紹興酒のハイボールも気になります。

 

孔乙己8

 

鮮やかな赤と金色のテーブルセット

 

孔乙己9

 

紹興酒飲み比べ

 

孔乙己11

 

グラスをどけると各銘柄が書いてありました。

30年物はとっても甘くて味わいがありました。

 

孔乙己9

 

梅干菜扣肉

紹興の名物の梅干菜と豚肉の蒸し物

 

孔乙己10

 

左:ピータンの唐辛子のせ

右:紹興では定番の茴香豆

 

孔乙己12

 

湯葉と葉物野菜の炒め煮

 

孔乙己13

 

お酒が足りなくなったので250ミリの22年物を追加注文

 

お料理もお酒も美味しく、つい長居してしまいました。。

 

孔乙己は上海市内に何店舗かあり、文庙店というところが有名です。

以前の記事がありますのでそちらもチェックしてみてくださいね。

 

 

M泣かせの孔乙已酒家~文庙店~①

続きを見る

 

M泣かせの孔乙已酒家~文庙店~②

続きを見る

 

 

孔乙己酒家(瞿溪路店)

住所:  瞿溪路691号

行き方: 地下鉄13号線世博会博物館駅3B口から徒歩670メートル

 

花猫(はなねこ)
ではまた

 

 

▼▼▼▼▼▼

上海の観光地、グルメ、おすすめスポット情報満載のブログを開設!

アフターコロナの上海旅行ガイドの決定版です。

 

 

『ブログ村』サイトのランキングに参加してます!

クリックするとランキングが上がります!

ランキングが上がることでこのブログとお店の宣伝に繋がります!

皆さんの1ポチ、よろしくお願いしますー!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
クリック、 ありがとう ございます!-1

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

花猫(はなねこ)

上海での生活は通算13年の花猫(はなねこ)です。花猫は中国語で三毛猫の意味です。ゆるっと上海生活をご紹介していきますね★

-上海の中華料理

© 2022 ✿スタッフMの上海旅ブログ✿ Powered by AFFINGER5